空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

到着報告のような記事

f:id:soranaka004:20210920113227j:plain

黒い空間~大晦日公演 文芸坐ル・ピリエ1992

 Amazonマーケットプレイスで注文していた浅川マキの『黒い空間~大晦日公演 文芸坐ル・ピリエ1992』の中古CDが本日到着した。私のような後追いのファンには伝説である東京は池袋「文芸坐ル・ピリエ」で1997年まで催された浅川マキの大晦日連続定期公演。それの1992年の公演の模様に加え1994年にスタジオ録音された2曲を収録した盤である。

 私が最初に浅川マキに興味を持ったのは1990年代前半のこと。その頃に初めて浅川マキの新作という形でリアルタイムで入手した音盤がこのCDであった。それだけに本番で聴ける彼女のジャズやブルースには思い入れも強く、その後マイ・ブームとして浅川マキが私の元に戻ってくるたびに、90年代の後半に金欠によりこのCDを手放してしまったことを後悔することになる。その頃には既に廃盤状態で、ネットの通販サイトで中古盤を探しても、私の価値観や基準からして手を出す気にはなれない程の高値がついていたから。

 先週Amazonで見つけた中古の『黒い空間~大晦日公演 文芸坐ル・ピリエ1992』は、中古盤CDのランクとしては良好らしいものをこの値段以下で入手するのは難しいだろうし、この値段ならなんとか納得して出せるかなと思えるギリギリの線の価格で出品されていた。これを逃したら同じくらいの条件のものに出会うことはないのではないか?という判断のもとに購入を決意した。

 大事にしたい。大切に聴いていきたい。