空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

CoCo壱番屋で「スタミナポークレバーカレー+豚しゃぶ」を食べた

 数か月ぶりのCoCo壱番屋。いつ以来だったかの広島大前店ではない東広島375号バイパス店。そんな久しぶりのココイチで、本日(8月2日)注文したのは、いつメニューに加わったのか全く記憶がない、コロナ禍の影響もあってここ数か月の間出入りするのを控えているうちにメニューに加わったのであろう「スタミナポークレバーカレー」に豚しゃぶをトッピングしたもの。

 写真からすると「豚しゃぶカレー」に「スタミナポークレバー」をトッピングをしたようにしか見えないが、ちゃんとメニューの中に「スタミナポークカレー」のバリエーションとして「スタミナポークレバーカレー+豚しゃぶ」というのがあったのだ。
f:id:soranaka004:20200802190056j:image

 初めて食べてみての感想は、"甘辛いタレがよく絡んでいるレバーとニンニクの芽の炒め物(スタミナポークレバー)は、カレーへのトッピングではなく、普通にご飯のおかずとして単体で食べたい。で、豚しゃぶカレーは豚しゃぶカレーで食べたい…という、非常に矛盾したものになった。やもすれば、これが「スタミナポークレバーカレー+豚しゃぶ」であることを忘れて、スタミナポークレバーが乗っかってる周辺ばかりをカレーで浸して食べてたり、逆に豚しゃぶカレーの部分ばかり食べてたりってことがあって、途中で食べる動作の修正をしたりしたからね。

 美味しく完食したけれど、↑これがそのまま結論になって、「スタミナポークレバーカレー」のリピートはないかもしれない。ただ、スタミナポークレバーがもう少し増量されれば、考えも変わるかも。でも、トッピングはなしだな。