空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

CoCo壱番屋で、ビーフソースのオムカレーに豚しゃぶをトッピング

 10月24日の昼下がりに、CoCo壱番屋・広島大前店へ。最近、ココイチのメニューでハマり気味の「オムカレー」。今回は、これの美味し食べ方のヴァリエーションを広げてみたくて、メニューには紹介されていないトッピングを試してみることにした。で、注文したのは、「オムカレー」でソースは「ビーフソース」、トッピングに豚しゃぶカレーの「豚しゃぶ」というものだった。
f:id:soranaka004:20201024165759j:image

 さて、テーブルに運ばれてきた「豚しゃぶをトッピングしたビーフソースのオムカレー」。その結果は…

 正直これは微妙であったな。いや、決して不味かったわけではない。前回ここに来た時に食べた「オムカレープラスチキンにこみ」を食べた時の、スプーンを口に運ぶ動作が滑らかに快調に進むあの感じを、この「豚しゃぶをトッピングしたビーフソースのオムカレー」に期待し過ぎてたのかもしれない。あれの豚しゃぶver.を求めていたのかもしれない。

 このトッピングの「豚しゃぶ」ってのは、薄切りの豚肉とよく煮込まれたタマネギなのだけれど、このタマネギの存在感(固さや食感や味)が、どうにもカレーをスプーンで掬って口に運び咀嚼する動作を滑らかにさせてくれない、むしろ邪魔しているような気がしてならなかった。それから、煮られた豚肉とタマネギがカレーソースに重厚さを与えており、間食感覚で食べるカレーとしては少々ヘヴィー過ぎた。

 前述のように、これはすべて前回食べた「オムカレープラスチキンにこみ」が私にとって間食として食べるカレーとしてはベストに近いものだった故。食事として食べるなら、空きっ腹を満たす為に食べるならよいものであったろう。