空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

かつやで「海老・ヒレ・メンチカツカレー」を食べた

 本日(20日)の夕方近くにちょっとした用事で外出した際に、無性にカレーが食べたくなった。とはいえ、外出先の近くにCoCo壱番屋はないし、その他カレーが食べられそうなお店も…と思いきや、とんかつでお馴染みの「かつや 東広島店」があった。個々のメニューには確かカツカレーがあったはず。

 というわけで入店しオーダーしたのは「海老・ヒレ・メンチカツカレー」この店でカレーを食べるのは初めてなので、どうせなら一番ボリュームがありそうなのを…と思ったのだ。
f:id:soranaka004:20201220174329j:image

 画像で言うと手前からメンチカツ、ヒレカツ、エビフライ(2本)の順番で、半分くらいソースがかかった状態でカレーライスの上に並んでいる。添え物の千切りキャベツにテーブルに置いてあったソースをかけてから食べ始めた。

 まず攻めるのは、当然手前のメンチカツから。スプーンで食べやすいサイズに刻んで、香辛料の効いたカレーソースとライスと一緒にすくい上げて口に運ぶ。ホクホクとして美味い。メンチカツを食べ終わると次はヒレカツ。思いのほか簡単にスプーンで刻める。メンチカツの時と同様の食べ方であっという間に胃袋の中。パン粉のサクサク感とヒレ肉の柔らかさのコントラストを楽しみたいところだったが、メンチカツで付いた勢いのまま口に運んでしまっていた。ラストのエビフライ(2本)だが、これがトッピングのトリにふさわしく、ホクホク、サクサク、プリプリの三拍子が揃っていてやたら美味しかった。

 途中でソースで味を付けた千切りキャベツをチェイサー代わりにフォークで口に運びながら、7~8分くらいで完食したんじゃなかったかな。結構なボリュームだったと思うが、最初に口に入れたメンチカツの美味さでついた勢いで最後まで行ってしまった。三種類のカツやフライがいずれもスプーンで簡単に適量に刻めるのは良いね。

 

 美味しく頂けました。これからカレーが食べたくなった時の選択肢のひとつに「かつや」が加わることは確定です。