空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

持ってる事すら忘れていた1枚を…

Encounter

Encounter

Amazon

 主にジャズのCDを置いている収納場所を漁っているうちに出てきた。正直言えば持っていることをすっかり忘れてしまっていた1枚である、バリトンサックス奏者ペッパー・アダムスのリーダー作『Encounter!』。

 アダムス、ズート・シムズ(テナーサックス)、トミー・フラナガン(ピアノ)、ロン・カーター(ベース)、エルヴィン・ジョーンズ(ドラムス)という録音された1960年代後期にして既に重鎮な面子による、決して重苦しくはないがヘヴィーに腹に響いてくるジャズ。それは私にとってのカッコいいジャズ。

 大人買いを重ね、持っていること自体や、何回聴いたかも忘却の彼方出会った手持ちのCD群の中にも「新鮮」に似たレベルの出会いがあることを本日知った気分だったな。