空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

どうでもいいけどなぜ残す?

 Twitter内で検索をしていたら、6年半前の自分のツイートを見つけた。その当時相互フォロー状態でよく音楽関係のツイートのやり取りをしていた方と、マイルス・デイヴィスについてリプライのやり取りしている中の1ツイートだった。

 やりとりしていた相手は確か埼玉在住の自分よりほんの何歳か年下の男性。彼のホーム(プロフィール)には様々なロック・バンドやジャズ・ミュージシャンのアルバムジャケットが並んでいたヘッダがあり、某ロック・ミュージシャンの写真をアイコンに使用していたのを憶えている。

 ツイートをクリックして彼のツイートを見てみると、アイコンは取り外され白紙状態な上に名前の所に記号ひとつがあるだけであった。クリックしてプロフィールを見てみるとヘッダ画像も取り外され、当時で確かに数千はあったツイートは0になっていた。ついでに、数百はあったフォロー数も0だった。そこにはあのアカウント主に対して懐かしさを感じる要素は何もなかった。

 そのアカウントは現在は使っておらず放置中ということなのだろうが、そんな風にアカウントの初期化に近いようなことまでして、そのアカウントを残したままにしているのが不思議であった。不要になったアカウントは削除できるってことを知らないわけでもないだろうに…