空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

3月17日~22日までの「ごちそうさん」感想ツイート集

 放送分も残り2週間を切り、いよいよ最終回に向けて走り出した、NHK連続テレビ小説ごちそうさん」の、3月17日~22日までの放送分の視聴感想ツイート集です。

  戦後の焼け跡で、明るさと希望を失わず、それぞれの生活の建て直しと、愛する町の復興の礎を築くべく懸命に日々を生きる、め以子をはじめとする大阪編の登場人物が愛おしく感じられる今週の「ごちそうさん」でした。

 そして、週末にやってきたあまりに悲しい知らせ。「かっちゃん」こと活男の遺品である小さな手帳を持って訪ねてきた活男の同僚。その手帳に書かれていた船上の活男がみた夢の話。夢の中で叶わなかったことを精一杯叶えてあげる形で、活男のお葬式としため以子(源ちゃんの協力も忘れてはならない!)。そして、かっちゃんからの「ごちそうさん」...

 涙腺崩壊の週末でした。

第24週 3月17日(月)~3月22日(土)「チョッコレイトな開戦」あらすじ(公式サイトより)

 

闇市のめ以子(杏)の店が警察の手入れにあい、米を取りあげられ罰金を払わされる。泰介(菅田将暉)や源太(和田正人)はなだめるが、怒りをつのらせるめ以子。闇市で商売できなくなり、希子(高畑充希)の放送局で弁当を売ることに。そこに来るアメリカ人にまで無理やり売らされるはめになる。が、活男を思うとアメリカだけは受け入れられないめ以子。倉田(綾田俊樹)の発案で、西門家の蔵を改築して料理を出す「お座敷」を始めることになる。藤井(木本武宏)や大村(徳井優)が相談にのっているところに、竹元(ムロツヨシ)が現れる。竹元がデザインする奇想天外な座敷にめ以子は猛反対するが、思いがけない結果に。アメリカに対しては相変わらずで、投げられるチョコレートをめ以子は絶対に食べようとしない。そんな折アメリカ人がめ以子のおむすびを気に入り、希子を通してさらに売るように伝えてくる。渋々従っため以子は初めてアメリカ人の「おいしい顔」を見る。お座敷の営業が徐々に軌道に乗り、め以子は再び食べてもらう喜びを感じ始める。希子からアメリカ人がお座敷に来たがっていると聞き、迷っている矢先、海軍で活男と同じ船に乗っていた青年が訪ねてくる。