空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

振り返りも楽しいものだ

 ヘヴィー・メタルは私にとってはもう通り過ぎてしまった音楽ジャンル故、基本的にはもう音盤には手を出さないと決めているのだが、ことジューダス・プリーストに関しては、1980年代に10代の私をメタルの世界へ誘い引き摺り込んでくれた忘れられないバンドであるから、アルバム何枚かを手元に置いて、時折ヘヴィーなロックが欲しくなった時に聴きたいと、何年も前から漠然と思っていた。

 で、この度それを実現させることにした。リアルタイムで出会い夢中になった名作『復讐の叫び』を中心に1970年代後半から80年代前半のアルバムを購入し手元に置くことに決めた。まずは近年廉価再発され、Amazonでは新品が900円台で買える以下の画像にある4枚を。

f:id:soranaka004:20210708031959j:plain

 次に、上の廉価再発のラインナップには名を連ねていなかったが、このアルバムリリース時にジューダス・プリーストが名実ともにヘヴィー・メタル・シーンのTOPに到達したと言える歴史的名盤『背徳の掟』を含む2枚。こちらは7月8日時点で到着待ち中。

f:id:soranaka004:20210708032023j:plain

 メタル・ファン、現役のジューダス・ファンに戻るということではないから、一応今のところはここまでにしておくつもりだ。十代の現役ファン時代には小遣いが足りなくて買えなかったアルバムもこの6枚には含まれているから、あの頃の自分に思いをはせながら聴くのも楽しいかもしれない。