空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

これ楽しみにしているんです

 ワキサカユリカ改め友里加さんのこれからの活動に興味津々なのかと言うと疑問なのだけど、このインタビューには興味あるかな。

 私にも初代のBiSに関心を抱いていた時期はあったが、それは今や伝説の解散時のラインナップ(プー・ルイヒラノノゾミファーストサマーウイカ、テンテンコ、カミヤサキコショージメグミ)ではない。こちらは完全な後追いでその凄まじさを知ることとなった。私がリアルタイムで関心を抱いていたのはメジャーデビュー時のラインナップ(プー・ルイヒラノノゾミテラシマユフ、ワキサカユリカ、ミチバヤシリオ)の頃である。期間としては2012年の夏から翌年春まで。

 当時You Tubeにはその5人時代のライヴ映像がたくさんアップされていてそれらをよく観ていたし、秋に出た2ndアルバム『IDOL is DEAD』を購入し愛聴していた。だが、BiSとほぼ同時期に出会った(初代の)ひめキュンフルーツ缶にいつの間にか私の心は完全に奪われてしまい、2013年の春あたりからBiSの方は追わなくなっていた。なにせひめキュンの方はライヴに触れられる機会が数多くあったからね。その頃にBiSで推すならこの子かな?と思っていたワキサカユリカさんの脱退が発表されたこともBiSへの関心が薄れてきた要因。

 ひょっとしたら私の推しメンなっていたかもしれなかったワキサカユリカさんからあのころを振り返った話が聞ける(読める)。ラストラインナップが強烈過ぎた故に、今やあまり語られることがないメジャーデビュー時の5人時代のBiSの話が、プー・ルイさん以外のメンバーの口から語られる。これは興味を抱かずにはいられない。