空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

たったひとつだったけど忘れられない縁

 私の大好きなアルバムである、セロニアス・モンク・カルテットの『アンダーグラウンド』に収録の"In Walked Bud"。Vo.がフィーチャーされた、アルバムの中でも特に印象的なトラックであった。

 ここで粋なジャズ・ヴォーカルを披露しているのが、先日、訃報が伝わってきたジョン・ヘンドリックス。思えば、私にとっては初めて触れた男性ジャズ・ヴォーカリストだった。そして現在までの所、これが唯一の彼との縁だ。

 ジョン・ヘンドリックスと、彼より数日前に亡くなったという、モンク・カルテットのドラマーで勿論この『アンダーグラウンド』でもドラムを叩いている、ベン・ライリーに合掌。