空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

“ザ・ベアー”の命日に...

 こうして日本の音楽メディアが、1960年代後半から70年代初めに絶頂期を迎えていた米国産の最高の白人ブルース・バンド、キャンド・ヒートのことを取り上げてくれるだけで嬉しく思えたりする。貴重なこととさえ言えるのではないか?それくらい、日本では「人気」も、「知名度」も、低いのが現実。