空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

訃報に寄せてのツイート集

 私がジャズを知り夢中になった1992年には、1940年代のビ・バップの時代から1950年代のハードバップの時代~1960年代初頭のファンキージャズ全盛時あたりにシーンに登場して偉大な足跡を残し、次代に大きな影響を及ぼしたジャズ・ジャイアント達は殆ど鬼籍に入ってしまっていました。

 そんな中、数少ない生き残りでしかも現役バリバリで活動をしているジャイアントの一人がピアニスト/作曲家のホレス・シルヴァーでした。それだけに本日の午前中にTwitterの我がタイムラインに飛び込んできた彼の訃報には、既にジャズからは遠ざかってる身とはいえ、寂しさを禁じえませんでしたね。

 偉大なるジャズの巨人がまた一人逝ってしまいましたね。謹んでご冥福をお祈りいたします。

ファンキー・ジャズの代表的なアーティストであるジャズ・ピアニストのホレス・シルヴァーHorace Silver)が6月18日、ニューヨークのニューロシェルにある自宅で死去。息子のグレゴリーは老衰による自然死と説明しています。85歳でした。