空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

1年って早いなあと思った話

 "のめりこみ過ぎ"とか"現場へ行き過ぎ"な状態になってくると、内から外から何らかの形でストップがかかったような出来事が起こるんだよな、自分の場合。

 最近の例では、昨年の今頃の時期、医者曰く「オーバーワークで悲鳴を上げている」とのことで、両太腿が(一時は)歩行に支障をきたすほどに痛み出してほぼ回復するまで約2週間かかり、その間に予定していた(かなり行きたかった)ひめキュンフルーツ缶の現場(愛媛遠征)一つと、あるロック・バンド(福岡遠征)のライヴ参戦一つを取り辞めざるを得なくなったことがあった。

 数年ぶりに医者に掛ったってことで、かなり印象的な出来事だったのだが、本日ふと思い出して、あれからもう1年が過ぎてしまったことに、少々驚いてしまったのであった。