空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

私の好きなボブ・ディラン


I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met) [Rundown Studio Rehearsals, 1978]

 "I Don't Believe You"は、アルバム『アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン』に収録されていた曲の中でも一番好きだったな。歌詞云々じゃなく、ギター一本での歌唱でここまで「歌」のスケールを、それこそ無限に...と思わせるくらいに、広げられるものなんだなと驚かされたものだった。

 さて、You Tubeで見つけたこの"I Don't Believe You"の音源は、ブートレッグからのものに間違いなかろう。(笑)1978年のコンサートツアーのためのリハーサルを録音したもののようだ。

 なんか、やけに気に入っちゃってね。エンドレスで聴いていたくなるくらい、肩の力が良い具合に抜けたディランの歌とバンドの演奏が心地良いんだ。素敵なんだ。このノリでそのままステージ演っちゃってもいいんじゃない?とすら思えてくるほどに。

 本番のコンサートでのライヴ音源でなくリハーサル音源を聴いてこんなこと言うのも変かもしれないけれど、ボブ・ディランはアメリカが生んだ素晴らしい歌手の一人で、良いバンドの演奏に乗せて素敵な歌を我々に届けてくれる人なんだってことを思い出させてくれる音源に出会えたって感じだな。私がしばらくディランを聴いていなかったのと、現在巷で少々かますびしいノーベル文学賞受賞の報道の中で出会っただけに、余計にこの音源から色々と感じるものが多かったのかもしれないけど。

 でも、ホントにいいよ、この音源。