空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

ようやく触れることとなる

 以前もそういうことをここに書いた記憶があるけれど、彼らブラック・クロウズがその名を世界に轟かせていた時期と言うのは、ちょうど私がロック・ミュージックというものから一番離れていた時期であったので、知っているのはグループ名だけというに等しく、その音楽は殆ど通っていない。

 最近、ごく偶にではあるけれど、土の香りや砂埃が漂っているような、アメリカのルーツ音楽に根ざした彼らの素敵な楽曲と演奏、70年代ロックのカヴァーのセンスをYou Tubeで目にするにつけ、耳にするにつけ、彼らの作品を通らずに来ていることに対して劣等感に近いような感情を抱くようになってきた。(笑)

 そんな感情を払拭するためってワケでもないけれど、ここへきて彼らの音楽を音盤で聴きたい気持ちが強くなってきたので、マーケットプレイスを利用して超安価でブラック・クロウズのCDを3枚入手することにした。先ほど注文を終えたところ。これについてはCD到着後、またここで触れようと思います。

 私の音楽ファン生活ってのは、つくづく「後追い」が基本だよなあ。(笑)