空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

CoCo壱で豚しゃぶカレーを食う

 唐突ではありますが、もうSKE48とも佐藤すみれさんとも関係がなくなってしまっているし、カテゴリ化するほど力を入れているわけでもないので、今回よりCoCo壱番屋でカレーを食べたことを述す記事に、SKE48チームEの楽曲から頂いた「青春カレーライス」というタイトルを使うのをやめることに決めました。(笑)

 で、9日の土曜日に休日出勤した帰り道に立ち寄ったCoCo壱で食したのは、「豚しゃぶカレー」。「チキンにこみカレー」だ「チキンカツカレー」だのと、普段はチキンがらみのカレーを注文しているので、ちょっと気持ちを変えたかったのでね。辛さとご飯の量は普通。

f:id:soranaka004:20160711152533j:plain

 「豚しゃぶ」といえば、といえば、例のSKEとCoCo壱のコラボ企画【第3回推しトッピン具対決対決】の時に佐藤すみれさんが推しトッピングのひとつに挙げていたメニューなので、何度か食べているはずなのだけど、写真にあるようにカレーの中に薄切りの豚肉が溶け込んでしまっている風情なので、正直印象は薄かったですね。

 今回こうしてトッピングではなく、「豚しゃぶカレー」と謳っているメニューとして食してみたわけだけど、やはり豚しゃぶが特別主張してくるわけでもなく、薄切りの豚肉とタマネギが入っているカレー以上の印象を受けることはなかったですね。トッピングにチーズを頼んじゃったのがちとまずかったかな。カレーに溶けて伸びてしまっているチーズを程よいところで切りながらカレーを口に運ぶ作業にすっかり心を奪われてしまうことも、豚しゃぶの印象を薄くしてしまう要因なのかもしれません。(笑)次の機会はチーズのトッピング抜きで。