空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

あれも私のルーツ?

 雨が止んでいた僅かな時間を利用して、自宅近くのイオン系スーパーに出かけた時にバッタリ出会ったのは、遠い昔、当時の勤め先でお世話になっていた大先輩Oさん。完全に白髪頭になっていたけれど間違いない。こちらは年齢相応に老け、当時とは体型も変わってしまってるので、あちらさんは気付かなかった模様。同じレジに並んでいたのに全くこちらに反応を示さなかったから、多分そうだったのではないかな。

 会社から帰宅する方向が途中まで一緒だったから、何度か別れ道まで車の助手席に乗っけてもらったことがありました。その時Oさんの車のカーステレオからよく流れてきていたのが、カセットテープに収められた吉田拓郎さんの歌。「イメージの詩」、「マークⅡ」、「どうしてこんなに悲しいんだろう」、「春だったね」、「祭りのあと」、「落陽」、「人生を語らず」... Oさん、ちょうどモロに吉田拓郎世代、フォークソング世代な年齢の人でした。拓郎さんという存在と代表曲の幾つかは知っている程度で、熱心に歌を聴きこんだ事もなかった若き日の私の、印象的な拓郎さん体験のひとつは、間違いなくOさんの車の中でです。

 最近、You Tubeに大量にアップされたラジオ番組【坂崎幸之助吉田拓郎オールナイトニッポンGOLD】(ニッポン放送)のアーカイヴ音源がきっかけで、10数年ぶりに私の中で起こった拓郎さんブーム。その最中に、私の中ではそれなりに大きい吉田拓郎体験をさせてくれたOさんに、やはり10数年ぶりに再会するなんて、面白い偶然もあるもんだなあと。

 そういえば、今日見かけたOさん、Perfumeの数年前のコンサートグッズのトートバッグを手に持っておられたけど、もしかして今はPerfumeのファンをやってらっしゃるのかな?まさかね。(笑)