空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

大変遅ればせながら5月12日にプー・ルイBILLIE IDLEⓇに電撃加入の報を受けた直後のツイート集

 5月12日の夜、広島クラブクアトロにて、複数のバンドが出演するとあるロック系ライヴイベントを楽しんでいる最中のこと。バンドとバンドの合間のサウンドチェックの時間に何気にスマホを開いてTwitterのタイムラインを眺めていた時に飛び込んできたのが、プー・ルイ、BILLIE IDLEⓇに電撃加入の報。東京は代官山UNITにて開催されていたBILLIE IDLEのこの春のツアー【P.S.R.I.P. TOUR】ファイナル公演をにて文字通り電撃的にその発表は行われたようだ。

 スマホを持つ手が震える程の衝撃だった。3月4日の両国国技館公演をもってBiSを卒業したプー・ルイ。その後You Tuberデビューを果たしそれなりの注目は集めていたものの、身を削るような思いも時にしながら歌うことにこだわり続けてきたプー・ルイが、そのままステージを下りたままであるとはファンなら誰も思うわけがなくて、現に噂レベルで「BILLIE IDLEⓇ加入か?」的な話も以前から出ていたし、それを元にBILLIE IDLEⓇの運営サイドが、エイプリル・フールのネタとしてプー・ルイ加入を匂わせる手の込んだアニメ映像を作ったりしていたものの、私を含め、「いくらなんでも、それが実現することはないだろう」とタカをくくっていた人も多かったはず。

 BILLIE IDLEⓇ、新旧含めたBiS、プー・ルイ個人、それぞれを愛するヲタク界隈に衝撃が走った5月12日~13日に、BILLIE IDLEの、BiSのファンとして私が呟いたことを記事という形でここに残しておくことにした。ま、たいしたことは呟いていないけどね。

 プー・ルイBILLIE IDLEⓇ電撃加入については、以下2つのツイートのリンク先の記事に詳しい。↓↓

 

 ↓ここからが私のツイート集。

というわけで在宅な日曜日

 本日は、とあるライヴを観に行く為に隣県である岡山県に出向く予定でいたのだが、残念だが中止にすることを、昨日の内に決めた。

 木曜日あたりから久しぶりの腰痛に見舞われている。現在は、膏薬の効果もあってか徐々に回復の方向へ向かっていると思うのだけど、しばらく座っていてから立ち上がる時に苦痛を伴うし、その時の痛みはしばらく引き摺るし、本日参戦予定だったライヴは複数のアーティストが出演するオールスタンディングのロック系のライヴ故、同じ場所で突っ立ったままでの観覧ってのはあり得ないので、下手すればライヴ後に腰痛が悪化してしまってる可能性もあるし... まあ、大事をとって...ってやつである。

 それからもうひとつ、実は来週の土曜日にやはりライヴ参戦の為に福岡県に遠征することが決まっているので、その時までには必要以上に腰に負担がかかることは避けようと思ったのだ。少しでも万全な体調で福岡遠征を楽しむためにもね。本日参戦予定だったライヴは、興味本位というか、ひょっとしたら自分にとって新たな興味深い存在となるアーティストの発見が期待できるかも...くらいの参戦動機だったのだけど、来週に福岡で観る予定のライヴは、絶対観たい、逃したくないライヴだからね。

「エキサイトメールサービス」が終了するそうだ。

exfreemail.exblog.jp

この度『 エキサイトメール 』は、2018年9月18日(火)15時をもちましてサービスの提供を終了させていただくこととなりました。
継続して安定的なサービスを提供することが困難な見通しとなったため、上記の運びとなりました。

長期にわたって、ご愛顧いただいたお客様には、ご不便をおかけすることとなり誠に申し訳ございません。永年のご利用について心より感謝申し上げます...

 ネットユーザーとなって今年で20年。その節目的な年に初めて、利用しているメールサービスの終了という事態を迎えることとなってしまった。メジャーなボータルサイトのメールサービスだけに、正直こんなこと想像してみたこともなかった。

 しかしねぇ、個人的にここが不安定なメースサービスだなって思ったこと一度もなかったけどな。ま、ヘヴィーなメールユーザーではないので、気づかなかったこともあるのかもしれないが...

 メインに近いくらい頻繁に利用しているメールアカウントだけに、9月18日までに各種サービスや会員登録しているサイトなどへのメールアドレスの変更を忘れずに済ませてしまわないとな。この手のことを後回し後回しにしている内に忘れてしまってたり、期限ぎりぎりになってようやく重い腰を上げて大変な思いをしたり...ってことが少なくない私だからね。

時には素直に観てみるのもいいもんだ

Kevin Ayers - Shouting In A Bucket Blues (OGWT)

ケヴィン・エアーズ - Wikipedia

 You Tubeさんはなぜか定期的に私にケヴィン・エアーズを薦めてくる。特に思い入れのある人でもないので、スルーすることが殆どだけど、この映像は観て正解だった。いい曲なので繰り返し観てしまった。そして、誰だかは知らないけど、リードギターが素敵だ。