空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

これは私なりの断捨離か...

 距離を置いたことは何度もあるけれど、結局再び自分の中に戻ってくるっていうか、好きだって気持ちが再燃する「自分の中に根付いた音楽」と、かつて強く惹かれハマっていた時期があり、中にはライヴの現場で強烈な体験もしたことがある「忘れられない音楽」。どちらも自分は大切にしてきたけれど、音盤を所有するってことについては、もう前者のみにしようと思っている。もうそう決めた。

 後者はどうしてもかつて以上の思い入れは育たず、音盤はハマっていた当時の思い出が円盤の形をして部屋の片隅に残っているだけになってしまってる事の方が多く、ここ2、3年その量の多さを負担に感じるようになってきた。

 先週末で、後者に当たるもう思い出が心の中に残っているだけでいいと思っているバンドやアーティストのCDを手放し終えた。思ってた以上に気持ちはスッキリしている。今度こそもう買い直したりすることはないだろう。