空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

だからこのジャンルは楽しい

ジュリアン

ジュリアン

Amazon

 最近↑リーダー作『ジュリアン』を入手して、ペッパー・アダムスというバリトンサックス奏者に注目したい気持ちが強くなってきている。既にAmazonマーケットプレイスでリーダー作ではないけれど彼がフロントのホーン隊に名を連ねているいくつかのCDを注文中。

 本日は、手元にあるペッパー・アダムスが参加作の内の1枚であるドナルド・バード(トランペット)のリーダー作『バード・イン・ハンド』を3回繰り返し聴いて、ひたすらアダムスのプレイに痺れていた。

バード・イン・ハンド

バード・イン・ハンド

Amazon

 ずいぶん昔からその名前を知っていて、CDでそのプレイを何度も聴いてはいたけれど、ひとりのミュージシャンとして特別に関心を抱いたことはなかった人に、突然強く惹かれるようになってしまうってのもジャズを楽しんでいく上での面白さのひとつなのだろうな。