空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

はじめましてではなくお久しぶりだった話

 つい先日、ジューダス・プリーストの1988年作の『ラム・イット・ダウン』と1990年作の『ペインキラー』の2枚のCDを立て続けに購入した。自分はこれらのアルバムがリアルタイムでリリースされた頃にはヘヴィー・メタルから離れつつあったし、購入する音源はCDの方がメインになってから*1はジューダスのアルバムは買ってないと思い込んでいたので、どちらも初めて聴くアルバムだという気でいた。

 だが、どちらのアルバムも聴いてみて微かにだが明らかに聴き憶えがある曲が入っているのである。今年の夏に30数年ぶりにジューダスの音楽を聴くようになったこと自体は間違いない事だから、You Tubeやサブスク等ネットを通して聴いたことがあるというのでは断じてない。誰かから聴かせてもらったっていう記憶もない。そもそも高校時代以来ヘヴィー・メタルが好きor関心があるという友人など持ったこともないしね。

 ということは、CDユーザーとなった初期の頃にリリースされたこの2枚、私は買っていたのだと思う。その頃*2って懐が暖かめの時にタワーレコードあたりに行ってはCDを大人買いしていた記憶があるから、その中にきっとこの2枚も入っていたのだろう。ただ前述のように1980年代末から気持ちは徐々にヘヴィー・メタルから離れ始め、90年代初頭には完全に離れてしまっていたから、すっかり忘れてしまっていたのだろう。

*1:1988年頃

*2:1988年~90年頃