空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

9月も後半なのにナンですが

毎年私には8月の終盤から9月の初め頃にかけて、夏の終わりを告げられたような心持ちになる象徴的な出来事があったり、肌でそれを感じた1日ってのが訪れたりするのだけれど、今年の夏はコロナ禍の影響から行動は自粛気味なままで、極端に抑揚に乏しい夏を過ごしたから、9月も後半に差し掛かったというのに、特にそういうことも無いままだった。

先週末の2日間の夜があえて言えば今年のソレだったのかもしれない。土曜の夜も日曜の夜も、部屋の三つの窓は網戸のまま、夏用の薄い掛け布団で寝ていて、真夜中過ぎあたりにあまりの寒さに目が覚め慌てて三つの内の二つの窓のガラス戸を閉めるというパターンだった。夜の過ごし方だけでも秋モードに変えないと風邪をひいてしまうことを夜風と冷気に知らされた。