空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

新たなる散財がはじまるのか

ナイス (バンド) - Wikipedia

キース・エマーソン - Wikipedia

 十数年ぶりに聴きたくなって、キース・エマーソンが1960年代に率いていたバンド、ザ・ナイスの音源(CD)を、ヤフオク!やAmazonマーケットプレイスを利用して集め直している。

 現在、スタジオアルバムの『ナイスの思想』『少年易老学難成』『ファイヴ・ブリッジズ』に加え、2000年代になってリリースされた『LIVE AT THE FILMORE EAST DECEMBER 1969』が手元にある。全て昨日、今日に届いたものばかりで、現時点では『少年易老学難成』を1回通して聴いただけ。

 ひょっとしたら、先日、ちょこっとだけここに書いたイタリアン・プログレに収まらず、キー・ス・エマーソンをきっかけに、20年以上ぶりにプログレッシブ・ロックが私の中でブーム状態になるかもしれない。まるで先駆けるように、エマーソン・レイク・アンド・パーマーの『トリロジー』なんてアルバムを、ちょっと前に中古で入手していたりするしね。