空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

レジェンドからの新しい音の便り

amass.jp

数々の名プロジェクト/バンドに参加し、50〜70年代の英フォーク/トラッド・シーンを牽引した、伝説的な英国のフォークミュージシャン、シャーリー・コリンズ(Shirley Collins)。新アルバム『Heart's Ease』から「Sweet Greens and Blues」を公開...

Shirley Collins (シャーリーコリンズ)|プロフィール|HMV&BOOKS online

 英国のフォーク/トラッドをベースにしたロックへの関心が再燃している今日この頃の私。

 先日、英国のフォーク/トラッド・シーンのレジェンドである女性シンガーであるシャーリー・コリンズが参加した、それこそ上記リンク先の文章にあるような、名プロジェクトによる名盤の一つに数えられる『No Roses』を久しぶりに聴きたくなって、現在Amazonで注文中(未到着)なのだが、そんなタイミングで、彼女の新譜情報をTwitterのタイムラインで見かけた。

 上のリンク先のサイトで紹介されている「Sweet Greens and Blues」を試聴してみたけれど、冬場に映えそうな、薪ストーヴのような暖かさが感じられる歌と演奏。英フォーク/トラッドはやっぱ良いなあ...と思わせられたな。

 アルバムは海外で7月24日リリースとか。一応、憶えておきましょう。

No Roses

No Roses