空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

現在はこの1枚だけ

www.amass.jp

 上に貼り付けた記事は先月30日の記事だけれど、私が見つけて読んだのは昨日。で、ランキングを眺めながらいくつかTwitterで呟きました。↓↓↓

 Twitterでは呟かなかったけれど、ふと目に留まって、ここにランキング入りしてることを意外に思ったのがコレ↓↓↓

 40. B.B. King, 'Live in Cook County Jail' (1970)

  f:id:soranaka004:20150506020606j:plain

 B.B.キングの1970年の刑務所慰問ライブ。このランキングを目にして久々に引っ張り出して聴きましたが、B.B.の歌は張りも艶もあって素晴らしいし、ギターも伸びやかでB.Bが鳴らすたびに耳を奪われてしまうけれど、いかんせん存在自体が地味で扱いも不遇という印象が強いアルバムなんです。個人的には。

 R&B、ソウル、ブルースといったブラックミュージックのCDの廉価再発が盛んな昨今ですが、大手輸入盤ショップでは昔からよく、売れ残ったと思しきCDを何割引かしてワゴンに放り込んだり、陳列棚に安売り用の一画を設けてそこに並べて売ったりしていましたが、その中にホントによくこの『Live in Cook County Jail』が混ざっていたんですよね。(笑)何を隠そう私が所持している『Live in Cook County Jail』も、そういうセールで入手したものです。

 ま、でも考えてみれば、御大B.B.キングがリリースした数多のアルバム。その中でかなり昔からCD化されて売られていたと思われるこのライブ・アルバム。ブルースの好きな人、B.B.キングが好きな人には既に行き渡りきっているのかもしれません。で、21世紀に初めてB.B.キングに触れる人は、ライブ盤となれば、ブルースのガイドブック通りにB.B.のライブ盤の代表作である『Live at the Regal』(←5位にランクインしていますね)や『Live in Japan』をチョイスする人が圧倒的なのかもしれません。となると、本作が売れ残っているのはさもありなんなのかもね。でも、私好きですよ、このライブアルバム。数年前、諸事情で所持するブルースのCDの殆どを手放した時、B.B.ならば『~Regal』や『~Japan』は躊躇無く手放したけど、『~Cook County Jail』は手放す気にはなれず、こうして手元に残しましたからね。