空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

ROCK

そうだったんだよ!

昨夜Twitterのタイムラインに登場したとあるツイートで図らずも思い出すこととなった。 勿論それ以前からその高名は知っていたし、彼が関わったり自分名義で世に送り出した音楽を耳にしたことはあった。それでも、私とブライアン・イーノとの出会いはWindows…

多分に勢い任せですが...

⇒ ⇒ Saturday in the Park https://t.co/f5nHE8c8TL @YouTubeより— そらなか004® (@aerialwalk004) 2021年1月10日 途中に空白期間はあれど30数年来のロック好き。特に1960年代後半~70年代半ばに世に出たバンドやアーティストが大好物であった身なのに、…

さて、今回は...

ジョン・ウェットンのベースラインと、エディ・ジョブソンのヴァイオリン・ソロに、ただ感激してしまうばかり♪ ⇒The Midnight Special More 1975 - 22 - Roxy Music - Out Of The Blue https://t.co/UIjMyJvxEB @YouTubeより— そらなか004® (@aerialwalk0…

今年はそんな感じ?

今年最初に私の元に届いた荷物。今年やりたいことのひとつが、今まで縁がなくろくに聴いたことがなかった『宮殿』、『アイランズ』以外のクリムゾン作品に触れてみることなのだ pic.twitter.com/HKBk7KAP9a— そらなか004® (@aerialwalk004) 2021年1月3日 …

これは必要な散財だ(笑)

人生にはロックンロールも必要なので、最近、久しく聴いていなかったナザレスとステイタス・クォーをAmazonを使って召喚した。どちらも安価で入手出来るボックスセット(クォーの方は中古)。これも年末年始の楽しみ♪ pic.twitter.com/3l6gRvNbnA— そらなか0…

そういうことです

イエス、ピンク・フロイド、ザ・ナイス、EL&Pが自分の中に戻ってきたり、ずっと苦手意識があったムーディー・ブルースにハマったり、ずーっと知っているのは名前だけだったジェントル・ジャイアントやレフュジーの音にようやく触れたり、ロック好きになって…

マメにヤフオク!のチェックを続けていて良かった!

soranaka004.hatenadiary.jp 上の記事を書いてから約1ケ月。こんなに早く入手できるなんて。 特にデッドヒートだったわけではないけど、久々にヤフオクでCDを競り落とした。元の値段の倍以上払うことになったが、もう19年くらい前の紙ジャケCDだけど状態は良…

感謝したいね

soranaka004.hatenadiary.jp 上に貼り付けた記事で"地元・東広島市内の書店には端から期待していない。"なんて書いてしまってゴメンナサイだな。昨日、たまたま立ち寄った地元のTSUTAYA東広島店に『フランク・ザッパ攻略ガイド: Shut Up 'N Cellect Yer Reco…

軌跡でなく一つの作品で…

amass.jp ブライアン・イーノのアンビエント作品『Ambient 2: The Plateaux of Mirror』を聴く、『Ambient 2: The Plateaux of Mirror』が好きだという事は、ハロルド・バッドの弾くピアノを聴く、ハロルド・バッドの弾くピアノが好きってことだからな。 ご…

やっぱり今の私には必要だった

soranaka004.hatenadiary.jp 約2か月前に書いたこの記事。バンド名とCDボックスセットの名前は一切記入していなかったけれど、それはこの時点でもう入手は諦め、早い所このボックスセットのことは忘れてしまいたかったから。それでもそういうことがあったっ…

私の手元にはいつ?

amass.jp 昨日が発売日だった。Twitterでも、大小さまざまなCDショップや書店のアカウントからの、書籍『フランク・ザッパ攻略ガイド: Shut Up 'N Cellect Yer Records——「やれるものならやってみな」』の入荷情報のツイートが昨日からたくさん見受けられる…

これについては半端なくそう思う

フランク・ザッパの新ドキュメンタリー『ZAPPA』全米にて公開開始。全68曲収録のサントラも発売に#ZAPPA #フランクザッパhttps://t.co/qfUw6AuBW9— uDiscoverJP:音楽サイト (@uDiscoverJP) 2020年12月1日 我が音楽ファン人生で、恐らく最後まで関心を持ち続…

これからもずっと…なのか?

1980年代前半に洋楽に出会いながら、全く聴いたことがないわけではなかったにせよトーキング・ヘッズ、U2、ポリス、プリンス、ブルース・スプリングスティーンを殆ど通っていない事実に、時々劣等感を覚えることが今でもある。当時の感覚で言えばプリンス以…

久々に再入手したCD

ブッシュ・オブ・ゴースツ アーティスト:デビッド・バーン,ブライアン・イーノ 発売日: 1997/05/25 メディア: CD 1981年にリリースされたトーキング・ヘッズのデイヴィッド・バーンとブライアン・イーノのコラボレーション・アルバム『My LIfe in the Bush o…

忘れてしまわないように

【本日11月18日発売】書籍『フリー&バッド・カンパニー大全』がシンコーミュージックから11月18日発売。ブリティッシュ・ブルースの本流に煌めく転生バンドとメンバーの軌跡や作品群を余さず詳解。71年&72年フリー来日時の初公開写真も https://t.co/1xkYg…

結局キャンセル

soranaka004.hatenadiary.jp 数日前にHMVのオンラインップに注文し、お取り寄せの入荷待ち状態だったブライアン・イーノがプロデュースしたララージのアンビエント作品『Ambient 3: Day Of Radiance』だが、その後いろいろと思うところがあって、注文をキャ…

気長に待つしかない

Them Or Us アーティスト:Zappa, Frank 発売日: 2012/09/25 メディア: CD 以前より疑問。 フランク・ザッパの1984年リリースのアルバム『ゼム・オア・アス』の、国内盤紙ジャケット仕様CD(2002年リリース)。18年も前に初回限定みたいな形でのリリースだか…

発光

www.hmv.co.jp ブライアン・イーノのリーダー作ではないからと自分に言い聞かせながらずっと避けていたけれど、それでもやっぱり盤を所持して聴きたい気持ちは消えないままだったので、HMVのオンラインショップでイーノがプロデュースしたLaraaji(ララージ…

でも、遅すぎたとは思っていない

【40th Anniversary】Motörhead の名盤4thアルバム『Ace of Spades』は、今から40年前の1980年11月8日にリリースされました(日本盤は1981年発売)。https://t.co/wKJCTy8tRY pic.twitter.com/CzfaV2VXe7— HMV_Metal (@HMV_Metal) 2020年11月7日 思い返せば、…

「カン大全 ー永遠の未来派ー」が届いた

Amazonより「カン大全 ー永遠の未来派ー」が、私の元に届きました。CANは、まだまだ活字で知りたいことがたくさんあるバンドであります。 pic.twitter.com/bIIuvp9P8q— そらなか004® (@aerialwalk004) 2020年11月5日 soranaka004.hatenadiary.jp 貼り付けたツ…

やっぱり必要な音だった

ここ数日、諸事情で手放してしまっていたブライアン・イーノのアンビエント作品のCDを数枚Amazonでポチったり、ヤフオクで落札したりしている。 どうしても聴きたくて、手元に音盤を置いておきたくて、こうして買い直こうしているくらいにイーノの音楽が自分…

これは必ず入手する!

カン (バンド) - Wikipedia 【本日10月31日発売】いまなお世界中のミュージシャンたちに影響を与え続けているクラウトロックの巨星、CAN。謎多き彼らの全体像に初めて迫る『別冊ele-king カン大全──永遠の未来派』がele-king booksから10月31日発売。詳細発…

昨日届いていた嬉しい知らせ

バーント・ウィーニー・サンドウィッチ(紙ジャケット仕様) アーティスト:フランク・ザッパ,マザーズ・オブ・インヴェンション 発売日: 2008/09/24 メディア: CD 昨年、十数年ぶりにCD買い直しを始めることとなったフランク・ザッパ。今も、定期的にヤフオク…

ビニールとCDが共存していた時代に感じていたこと

ちょっと前にTwitterのタイムラインで、相互フォローの音楽好きな方とツイートのやりとりをしたログ集。 アナログレコード時代の末期の1980年代後半、時代は急速にCDの時代へと急ぎ始めていたけれど、それでもまだギリギリアナログレコードとCDが共存してい…

さて、どうしようか

イエス (バンド) - Wikipedia イエスの新しいライヴ・アルバム『The Royal Affair Tour: Live In Las Vegas』から「I’ve Seen All Good People」が公開 https://t.co/XqIASahLhV— amass (@amass_jp) 2020年10月21日 イエスと言うとバンドの絶頂期であった197…

買うまでにちと迷ったけどね

UFOの『THE CHRYSALIS YEARS (1980-1986)』を先日Amazonのマーケットプレイスを利用して購入。 バンドの看板スターであったギタリストのマイケル・シェンカーの脱退後から、一時解散を経て、1986年にグループ再編し一発目のアルバムを出したあたりまでにリリ…

これは憶えておかないと!

書籍『フランク・ザッパ:天才音楽家のすべて(仮)』が河出書房新社から11月27日発売予定。生誕80年を迎える不世出の鬼才フランク・ザッパ。熱狂的なリスナーたちに愛されるザッパのすべてを第一人者がガイドする決定版。100枚にもおよぶアルバムを紹介 htt…

ああ散財生活。今の私は…

リレイヤー(スティーヴン・ウィルソン・リミックス) アーティスト:イエス 発売日: 2019/02/06 メディア: CD YESのアルバムの【スティーヴン・ウィルソン・リミックス】というシリーズ、新たな気持ちで聴けるという点で確実に、YESを集め直す良いきっかけ、い…

大好きだった『ALIVE Ⅱ』

KISS のライヴアルバム第2弾『ALIVE II』は、今から43年前の1977年10月14日にリリースされました。https://t.co/0HcoegGPNE pic.twitter.com/jMg13H9MwN— HMV_Metal (@HMV_Metal) 2020年10月13日 もはや手元に音盤もなく、KISSが好きだった時期も遠い過去に…

本作単体で興味あり

amass.jp ピンク・フロイドの再始動後のツアーを収めた1988年リリースのライヴアルバム『Delicate Sound Of Thunder(邦題:光〜PERFECT LIVE!)』は、初めてのCDプレイヤーを買いCDユーザーになった最初期に購入したアルバムだから非常に思い出深い作品なの…