空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

JAZZ

久々に戻ってきたCDのブックレットのお話

サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム+2 アーティスト:マイルス・デイビス 発売日: 2005/07/20 メディア: CD つい先日、20数年ぶりに買い直した、マイルス・デイビスの『サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム+2』。「超」の字が付くくらい久々に所持す…

サイドマンに惹かれて…も、ひとつのパターンなのだ

去年から今年にかけて、それ以前にはなかったくらいにジャズのテナーサックス奏者であるところのチャールス・ロイド(Charles Lloyd)の名前や画像をTwitterの我がタイムラインで見かけることが多い。原因は単純に昨年後半あたりからジャズ関連のアカウント…

買って良かったと心から思えた1枚

ストリングス・フォー・ホリデイ アーティスト:リー・コニッツ 発売日: 2014/07/16 メディア: CD Lee Konitz - Wikipedia ストリングスをバックに正に朗々とビリー・ホリデイ愛唱曲を吹くアルトサックスの巨匠リー・コニッツ。 ジャズの"ウイズ・ストリング…

良き出会い

ビル・エヴァンス - Wikipedia マーク・ジョンソン (ミュージシャン) - Wikipedia ビル・エヴァンス最晩年のトリオでベーシストを務めていたマーク・ジョンソンのリーダー作『ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング』。パット・メセニーとビル・フリゼール…

間違いなく好きな作品なのに…

ウィスパー・ノット+1 アーティスト:ウィントン・ケリー 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック 発売日: 2014/12/03 メディア: CD ウィントン・ケリー - Wikipedia つい先日のこと、かなり久々にウイントン・ケリーの『ウィスパー・ノット』を買い直し…

#これを見た人はピンク色の画像を貼れ

#これを見た人はピンク色の画像を貼れボビー・ハッチャーソンの『ハプニングス』モダン・ジャズのヴィブラフォン奏者のリーダー作となると、これが定番なところがありますな♪ pic.twitter.com/H6D4EYcg1k— そらなか004® (@aerialwalk004) 2020年2月19日 …

Twitterで見かけた1枚の写真に、ふと思った

Johnny Griffin and Eddie “Lockjaw” Davis Jazzhouse Montmartre July 1984 #Jazz pic.twitter.com/Rt9GIwfxTQ — Jazz Times (@jazz_times) February 6, 2020 ジョニー・グリフィン - Wikipedia ジョニー・グリフィンとエディ・ロックジョウ・デイヴィス。…

随分久しぶりに手元に戻ってきた1枚

ルー・ドナルドソン - Wikipedia ルー・ドナルドソン(アルトサックス)の代表作の一つである1958年のアルバム『ブルース・ウォーク』を、つい先日に中古CDで買い直した。かなり久しぶりに本作を自宅のミニコンポで聴いてる。 代表作で人気作ではあるが「ジ…

それは実にカッコ良いJAZZであった

Charles Mingus - Hog Callin' Blues チャールズ・ミンガス - Wikipedia 大昔に読んだ寺山修司のエッセイ(タイトル失念)の中に、ジャズ喫茶で、このチャールズ・ミンガスの「豚が呼んでるブルース」を聴きながら彼女を盗られたことを嘆いている青年が登場…

この人も忘れられない音楽家

ファースト・プレイス・アゲイン アーティスト:ポール・デスモンド 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン 発売日: 2012/08/08 メディア: CD ポール・デスモンド - Wikipedia 実を言うと、ジョン・コルトレーンのソプラノサックス、マイルス・デ…

名盤とはそういうものなのだろう

サキソフォン・コロッサス アーティスト:ソニー・ロリンズ 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック 発売日: 2009/02/18 メディア: CD サキソフォン・コロッサス - Wikipedia Amazonで...ではないが、先日、20数年ぶりにソニー・ロリンズの代…

今年の忘れ物?

カマシ・ワシントン - Wikipedia ロバート・グラスパー - Wikipedia 今年になって何度かカマシ・ワシントンとロバート・グラスパーのアルバムを買って聴いてみたいという思いが頭を過ったが、後回しにし続けてもう12月になってしまった。 現在、両者の作品に…

ツイート2つ"#あなたの○○○はどこから"

#あなたのエリック・ドルフィーはどこから『イン・ヨーロッパ Vol.1』バスクラで吹く"OLEO"が、最初に刺さったドルフィーのプレイでありました♪ pic.twitter.com/uTxbCWr8l6— そらなか004® (@aerialwalk004) 2019年9月27日 でも、エリック・ドルフィーと…

遠い日の後悔

黒い空間~大晦日公演 文芸坐ル・ピリエ1992 アーティスト: 浅川マキ 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン 発売日: 1994/12/21 メディア: CD クリック: 12回 この商品を含むブログ (5件) を見る ずいぶん昔...もう20年以上前のことだが、上に貼りつけ…

そうだったんだよ

今日、鈴本の楽屋で高座から下りたら、雲助兄の携帯が鳴っていた。聞いたことの有るフルート。雲助兄に「鳴ってましたよ」と言ったらローランドカークのドミノだそうで。そしたら白酒が「師匠のCDでクールストラッティン、有りましたよね」と被せてきた。五…

マニアではないから購入するかは実は未定

amass.jp インパルスから出るってところに余計に期待も膨らむな。コルトレーンの顔どアップのジャケ写って、BLUE NOTEの『ブルー・トレイン』以来? https://t.co/N8FD2cUw4T— そらなか004® (@aerialwalk004) 2019年8月16日 ジャズレーベル紹介 - ジャズ …

再会の喜び

WOW アーティスト: 大西順子トリオ 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック 発売日: 2013/07/24 メディア: CD この商品を含むブログ (4件) を見る 大西順子 (ミュージシャン) - Wikipedia 先日、20年ちょっとぶりくらいに大西順子さんの初リーダー作『WO…

ようやく出会えた感が強いこの人...

モーション+3 アーティスト: リー・コニッツ,ソニー・ダラス,エルヴィン・ジョーンズ 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック 発売日: 2011/06/22 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る リー コニッツとは - コトバンク Lee Koni…

20年以上ぶりに戻ってきた1枚

オー・ヤー! アーティスト: チャールス・ミンガス 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン 発売日: 2012/09/12 メディア: CD この商品を含むブログを見る 十数年ぶりにチャールス・ミンガスのアルバム『OH YEAH』を買い直した。大昔、レジェンドの…

ようやく

ミュジック・デュ・ボア アーティスト: フィル・ウッズ,ジャッキー・バイアード,リチャード・デイヴィス,アラン・ドーソン 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2002/02/20 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る 商品説明に明記してある状…

改めてそんなことを思ったり...

ジョン・コルトレーンの音楽が、聴いているその時の心持ちや体調も含めた「自分」にガッチリとフィットした時、このまま他の趣味を捨ててジャズおたくもしくはコルトレーンおたくになっちまおうかな?って気分になってくる。 そんなことを思う一方で、超の字…

久々にコルトレーンを聴こう

John Coltrane - Chim Chim Cheree ジョン・コルトレーンのプレイするソプラノ・サックスが聴ける演奏は、代表作であるばかりか、ジャズにおけるソプラノ・サックスと言えばまずこの曲といった感のある"マイ・フェイヴァリット・シングス"より、私は"チム・…

むかしのはなし

その昔、マイルス・デイヴィスの『Cellar Door Sessions 1970』というCD6枚組ボックスセットを購入し、すべてを聴き通す苦行に耐え切れず、結局手放してしまうという経験をして以来、ジャンルを問わずそういう複数枚のCDが収められたコンプリートな箱モノに…

ある日突然に...

ヤン・ガルバレク - Wikipedia 今月のはじめより、ヤン・ガルバレクの奏でるテナーサックスやソプラノサックスの音色に猛烈に惹かれております。現在、ネットの通販でリーダー作、参加作品の中古CDを漁りまくっています。 ジャズと言うジャンルで括られる音…

私の『BELONGING』

ビロンギング アーティスト: キース・ジャレット・カルテット 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック 発売日: 2016/10/26 メディア: CD この商品を含むブログを見る 先日、十数年ぶり...いや、ひょっとしたら20年ぶりくらいかもしれない。とにかくかな…

#サングラスの似合う人投下せよ

Twitterのタイムラインで見かけた"#サングラスの似合う人投下せよ"なるハッシュタグに反応してみた。この手のハッシュタグに反応して画像を貼り付けてツイートする場合、音楽関連のもの(要するにネットで拾ったミュージシャンの画像)が殆どになってしまう…

#これを見た人は3人組の画像を貼れ

#これを見た人は3人組の画像を貼れアルバート・アイラーで知られる「ゴースト」も、坂田明のハナモゲラ絶叫もこの山下洋輔トリオの『モントルー・アフター・グロウ』で初めて聴いた。ずっと買い直し損ねているんで再発(できれば廉価で)を強く希望する pic.…

木曜日に書く先週末の小さな出来事

この前の日曜日の夕方、地元のコメダコーヒーに居た時のこと。アイスコーヒーを飲んでいたら、ジャズアレンジを施されたボブ・ディランのオリジナルver.ではないザ・バーズの『マイ・バック・ペイジズ』が流れてきた。有名なキース・ジャレット・トリオのも…

期待を込めて入手したい

ジョニ・ミッチェルのトリビュート盤『Joni 75: A Birthday Celebration』が海外で3月8日発売。ノラ・ジョーンズ、ジェイムス・テイラー、チャカ・カーン、ダイアナ・クラール、シール、ロス・ロボス、グラハム・ナッシュら https://t.co/D2ZFF6aWlk— amass …

こんな"SUNNY"があったんだね♪

BOBBY HEBB & RON CARTER - SUNNY.LIVE ACOUSTIC TV PERFROMANCE 1972 これは素敵なデュオ!エレクトリック・ベースを弾いているロン・カーターを観たのは自分はこの映像が初めてだ。 ま、主役はヒット曲であり代表曲の「サニー」を歌っているボビー・ヘブだ…