空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

BLUES / R&B / SOUL

つい数日前に心に沁みた歌

米国出身の一般的にジャズ・シンガーとして括られることが多い歌手、ニーナ・シモンが歌う、レゲエの神様ボブ・マーリーの代表曲のひとつであろう"NO WOMAN NO CRY"。ライヴ録音のようだ。 ロックやポップスのカヴァーを多数歌っているニーナだけれど、この…

彼こそがBLUES

隔月刊・ブルーズ&ソウル誌2018年4月号(2月24日発売・140号)の特集はサニー・ボーイ・ウィリアムスン32頁、ブルーズ評論家ジム・オニール書下ろし評伝掲載。日本のブルーズマン妹尾隆一郎さん追悼10頁。トータス松本・連載はサム・クック→ https://t.co/2…

私の好きな"SHAKE!"

これ、若き日のロッド・スチュワートの写真のスライドショーがとても良いね。 音盤では所持していないのだけど、こうして時々You Tubeで、ロッド・スチュワートver.の"SHAKE!(サム・クック のR&Bナンバー)"を聴くたびに、スモール・フェイセスver.の同曲…

憶えておきたいことが多すぎて...

「ブルース・ロックの秘宝 SHM-CD/紙ジャケット・シリーズ」14タイトルが一挙リリース https://t.co/EmxrcgMofS #芽瑠璃堂 — 芽瑠璃堂トピック (@merurido) 2018年2月10日 ジョージ・サラグッド、ロイ・ブキャナン、キーフ・ハートレイといったいつか聴いて…

リマスター再発が、出会いの好機

amass.jp www.kingsroadmerch.com 今回のElektra Asylum作品は、1973年の『Closing Time』から1980年の『Heartattacks And Vine』までのアルバム計7タイトルが対象。第1弾は『Closing Time』で海外で3月9日発売。残りの作品は3月23日に発売される予定... 未…

ただそれだけの理由で...

【解禁】昨日発売のN.E.R.D.『No_One Ever Really Dies 』に収録されています"Secret Life Of Tigers"に、私、ファーストサマーウイカとモモセモモがコーラスで参加しています!https://t.co/SLfawAt6Y3 pic.twitter.com/L6PjB00vPY pic.twitter.com/8lv2Udv…

BLUESについての私の二つの事項

・声に衝撃を受けたってことでは、やっぱフランク・ザッパのアルバム『ホット・ラッツ』の中の一曲"Willie the Pimp"で、キャプテン・ビーフハートの強烈な濁声を初めて聴いた時に勝るものはないな。私はハウリン・ウルフより先に彼に出会ってしまったのだっ…

このことは忘れない

いやあ、ファイセズ最高♪このライヴ映像は、 演奏にもロッドの歌にも身体が大きく反応してしまうな。 ロッド・スチュワートの1972年に発表の4thソロ・アルバム『Never a Dull Moment』は素敵すぎるアルバムだ。いきなりこの映像で聴ける名曲「True Blue」か…

ここ5年くらいずっと…

12月がくるとサム・クックのRCA期の限定8枚組BOXセットが発売された2011年の終わり頃のことを思い出す。 Twitterのタイムラインに並ぶR&Bやソウルの好きな人のツイートを参考にしたり、Twitterの検索機能を駆使して、少しでも早く少しでも安くBOXセットを入…

たったひとつの条件

R&BやBLUESなどROCKのルーツを辿るようになってから、幾度となくリトル・リチャードのベストや編集盤を手にしては金欠時などに手放すという行為を繰り返してきた。(笑) 数多ある彼のベスト盤や編集盤の中から1枚をチョイスする時の基準はただ一つ。一曲目が"…

人呼んで"ハイデホー・マン"

★名ジャズ・シンガー、キャブ・キャロウェイの古い映像です。冒頭に登場するベースのミルト・ヒントンも若いです! CAB CALLOWAY ~ "St. James Infirmary"! ⇒https://t.co/052KUn0hGc — The Walker’s 加瀬正之 (@TheWalkers27) 2017年11月4日 Amazing!!! 映…

二人のブルースマンの映像

↑サン・ハウス(1902~1988) 老境に入ってこの迫力。凄いとしか言いようがない。この人は十字路で命以外の何を代償に悪魔と取引をしたのだろうか? ↑ミシシッピー・フレッド・マクダウエル(1906~1972) 息を飲んでそのお姿と指の動きに見入ってしまいました…

誰もが誰かを必要としてる

ウィルソン・ピケットの代表曲のひとつであり、 ローリング・ストーンズのカヴァーや映画『ブルース・ブラザーズ』でのハイライトシーンなどで有名な"Everybody needs someone to love"。 これぞライヴ!な、ウィルソン・ピケットによる歌唱映像。数年ぶりに…

さて、やってきたのは...

soranaka004.hatenadiary.jp 上のリンク先の記事にある、Amazonのマーケットプレイスで購入した浅川マキの『アメリカの夜』(紙ジャケット仕様)のレンタル落ちCDが、本日私のもとに届きました。 レンタル店を頻繁に利用する層と浅川マキというアーティスト…

本品は持っていること自体が重要なのだ

先日、ヤフオク!にお手頃価格で出品されているのを見つけて、入手する最後の頼みの綱ってな気持ちで人生初オークションに臨み、土壇場での競合相手の入札価格釣り上げで無念にも落札を断念した浅川マキのCD『アメリカの夜』の紙ジャケット再発CD。 soranaka…

人生初オークションの結果は...

先日、生まれて初めてヤフオク!の入札に参加した。たとえ中古で見つかったとしても自分の中で折り合いのつかない高値がついていて入手をあきらめていた、浅川マキのアルバムの紙ジャケット再発CD三点『灯ともし頃』、『アメリカの夜』、『マイ・マン』が、…

これを外しちゃイカンでしょ(笑)

つい先日、珍しくAmazonではなく楽天*1で買い直した浅川マキのCD『MAKI Ⅵ』。1974年の作品。坂田明&森山威男在籍時の山下洋輔トリオ(+ベースの稲葉国光)の演奏をバックにマキさんの歌が聴ける贅沢な盤である。(私にとっては)フリー・ジャズじゃない山下…

なかなかに嬉しい廉価シリーズ

ギターレジェンド達の名盤50タイトルを厳選した1000円盤シリーズ「ギター・レジェンド・シリーズ」が4月12日にリリース!全コピに挑戦してみる?!https://t.co/XerrEz0E8V #ギターレジェンド #ギター pic.twitter.com/kpqE3qtV1f — HMV総合インフォメーショ…

小ネタっぽい話

Drunk [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC542) アーティスト: THUNDERCAT,サンダーキャット 出版社/メーカー: BEAT RECORDS / BRAINFEEDER 発売日: 2017/02/24 メディア: CD この商品を含むブログを見る マイルス・デイヴィスが水面から顔を半…

この2枚だけは手に入れたかったな

先日、最後の頼みの綱として浅川マキさんの入手困難真っ只中の2枚の紙ジャケ再発CD『アメリカの夜』と『Nothing At All To Lose』を取り寄せ注文していた、芽瑠璃堂なるレコード/CDショップより、本日、私の元へメールが届いた。尚、芽瑠璃堂さんに注文する…

あれから2日

ひとつ前の記事にある浅川マキさんの80年代の作品のCD2枚『アメリカの夜』、『Nothing At All To Lose』だが、現在、芽瑠璃堂(めるりどう)なるレコード屋さんのネット通販にて注文中の入荷待ち中。 メーカーの在庫が入手できれば今月23日までにコチラに発…

残念無念。そして手放したことを改めて後悔

CD購入という目的では普段使うことはない楽天ショップだけど、ごくたまに思わぬブツが思わぬ値段で見つかることもあるから侮れない。DMMの通販は今日初めて利用したけど、意外と穴場かも— そらなか004® (@aerialwalk004) 2017年2月5日 このツイート、先日…

再びMAKIさんの音楽と...

昨日はAmazonにて買い直した、浅川マキの『UNDERGROUND』を繰り返し聴いていた。 1987年の作品。生前「時代に合わせて呼吸する積もりはない」と独自の美意識を音楽作品に反映させてきた彼女だけれど、決して浮世離れしていたわけではなく、80年代なら80年代…

未だ謎多き人

#OnThisDay, 1912, born #SonnyBoyWilliamsinII... - #Blues pic.twitter.com/9IkmJk4LKz — Sheena IsAPunkRocker (@77MASH) 2016年12月5日 米国の偉大なるブルース・シンガー/ブルース・ハーモニカ奏者である サニー・ボーイ・ウィリアムスンⅡって、どんど…

素敵なポップ・ミュージック

The Slitsの" I Heard It Through The Grapevine"。カッコイイな。マーヴィン・ゲイやグラディス・ナイト&ザ・ピップスで御馴染みの「悲しいうわさ」のカヴァー。 パンクだのポスト・パンクだのと括られているロックに対してはあーだこーだ語れるほどの知見…

これから楽しんでいく人なのだ

ややもすれば持っている事も忘れてしまいがちなO.V.ライトのCDのことを、先日radikoで聴いていたInterFM897の大貫憲章さんのラジオ番組【Kenrocks Nite - Ver. 2】で曲が流れたのをきっかけに思い出し、久しぶりにCDラックから取り出して聴いた。 ウィアー・…

突然出来てしまった時間に...

寝落ちみたいな形でいつの間にか眠ってしまい、夜中か夜明け前に不意に目が覚めてしまった。なぜか再び眠る気になれず、それどころか目はどんどん冴えていくばかり。 私にはそんな夜(明け方)が結構な頻度であるのだが、そんなときに、これまた結構な割合で取…

そそられます

Tedeschi Trucks Band - "Tell Mama" (with Sharon Jones) You Tubeでテデスキ・トラックス・バンドのライヴ映像を観るたびに、私の好きな食材ばかりが放り込まれて煮込まれている鍋から美味しそうな匂いがこちらまで漂ってきているような心持ちになってしまう…

素晴らしきダンス天国

ウィルソン・ピケットのコンサートのひとコマを捉えた映像として最高じゃなかろうか!正にここは"ダンス天国" →Wilson Pickett - Land of a Thousand Dances (HQ) https://t.co/4g6HBQ4MH5— 【空中・散歩】 (@in_the_air3stps) October 13, 2016 少々忙しすぎ…

BLUESが久々に私の元に...

本日我が家に、Amazonのマーケットプレイスで安価で購入できた、2枚のブルースのCDが届いた。エルモア・ジェイムズの『SHAKE YOUR MONEY MAKER:THE BEST OF THE FIRE SESSIONS』とジミー・リードの『BLUES MASTERS: THE VERY BEST OF JIMMY REED』。 この夏…