空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

私の『フーズ・ネクスト』

フーズ・ネクスト+7

フーズ・ネクスト+7

 

フーズ・ネクスト - Wikipedia

 ついこの間のことだけど、部屋の中で2時間以上ザ・フーのアルバム『フーズ・ネクスト』をリピートし続けていた。

 そうしているうちに、このアルバムを好きになって夢中で聴いてた時期を通り越して、初めて触れた十代の終わりに感じていた一曲目の「ババ・オライリー」と本編ラストの「無法の世界」以外は良さがわからなかった感覚を思い出してしまっていた。

 ハードロックのミュージシャンがフェイバリット・アルバムに挙げてたり、ハードロックの名盤としてその手のガイドブック的な本で紹介されることもあった『フーズ・ネクスト』。十代の頃、ハードロック好きであった自分は、恐らくそういう経緯でこのアルバムを最初に知ったのであろう。「え!これがハードロックなの?」「そんなに凄いか、これ?」とか思ったりしたんだよね。(笑)