空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

特別音源マニアではないってことかな

 CD出現以前に録音⇒リリースされた音楽作品についての話。

 今の私は、CDとはいえどオリジナルアルバムはオリジナルフォーマットで聴きたい派だから、ボーナストラックの未発表音源などは不要という考え方。ただ、ライヴアルバムの完全盤などは大歓迎。

 CDの黎明期っていうか、まだまだアナログレコードと並行して音楽を楽しむってのが普通だった時代...そうだな?1990年代前半辺りまでだったか、その頃はボーナストラックの未発表音源がついてるからこそCDを買うのだって思っていたし、そういう音楽ファン(特に洋楽ロックファン)の声も大きかった気がする。

 ただ、2000年代に入ってからだったかな。そういったオマケ音源のおかげでCD1枚の収録時間が長くなって1時間越えも当たり前のこととなり、アルバム1枚(CD1枚)が描き出した世界を楽しむという、基本的なはずの音楽の楽しみ方を失いかけてたことに気づいてしまったのだな。