空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

むかしのはなし

 その昔、マイルス・デイヴィスの『Cellar Door Sessions 1970』というCD6枚組ボックスセットを購入し、すべてを聴き通す苦行に耐え切れず、結局手放してしまうという経験をして以来、ジャンルを問わずそういう複数枚のCDが収められたコンプリートな箱モノには購入を躊躇してしまう。私は好きになったアーティストの遺した音源ならどんなものでもすべて聴きたいというタイプではないようだ。

 でもあの経験を経て、私のような凡人は、マイルス・デイヴィスに関してはテオ・マセロが魔法のハサミで編集したオリジナル・リリースの作品群を1枚ずつ入手し聴いていればいいという結論に達することが出来たから、決して無駄な経験ではなかったと、今は思っている。