空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

私は昭和のプロレスファンだった

 ブルーザー・ブロディ。彼の来日と私の都合が噛み合わず、残念ながら生のファイトに触れる機会はないままだったなあ。

 でも、TVのブラウン管越しに観た彼の豪快なワンハンドでのボディスラムと、高く飛び上がってからのギロチンドロップの美しさは、今も瞳の奥に焼き付いている。 私は、彼の代名詞のようなキングコング・ニードロップよりも、断然ギロチンドロップ派だった。