空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

今年の秋を連れてくるのはこれ?

amass.jp

 気鋭の若き女性シンガーソングライターであった頃のジョニ・ミッチェルと、彼女が歌手としてパフォーマーとして大きく頭角を現し始めた1970年という時代の一部が詰め込まれた作品であるようだ。記事の中のトレーラー映像を観てますます買いたくなった。

 この手のリリース予定の映像作品に関する記事をここで書いたことは何度もあるが、実際購入に至ったモノは実はかなり少ない。リリースされる頃には購入意欲も失せてしまっているという例が殆どだ。映像作品の収集に熱心な音楽ファンではないからね。

 でもこのDVDは、記事を見た早々にAmazonの商品購入ページに飛んじゃったからね... 発売予定日は9月5日だけど。

 ライヴのDVDって、一度か二度通して観たらそれっきりってのも少なくないんだよね。これまでの経験からしても。でも本作は"ライヴ・ドキュメンタリー約 76 分とライヴ約 56 分という構成"で、ジョニの回想インタビューも挿入されているとのこと。当時を知る資料の側面もありそう。1960年代後半から70年代初めのロック・カルチャーが好きな私にはそこが一番の魅力。