空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

これが私の初めてのキャメル

ã­ã£ã¡ã«ã»ãã¡ã¼ã¹ãã»ã¢ã«ãã +2

キャメル (バンド) - Wikipedia

 それなりに長いロック・ファン歴の中で、比較的に英国産プログレッシヴ・ロックの音盤を購入し聴いてた時期にも手を出したことがなかったキャメル。先般、初めて手にした盤(CD)は、なぜか涙を流している電車と合体したラクダのジャケットデザインが印象的な1stアルバム、『キャメル・ファースト・アルバム+2』。

 ギターとキーボードがぐいぐい引っ張る凝った構成の楽曲群。聴いていて「圧倒される」「息をのむような...」「ドラマチックな展開に興奮」とはならないのが、どこかのんびりした印象の動物をバンド名に頂いたこのバンドの特徴?幻想的な冒険譚でも読んでるように、結構冷静に音を追っている感覚。