空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

『ブルー』前夜の...

1970 年に行われた「ワイト島ミュージック・フェスティバル」。出演アーティストのオムニバス映像が定番商品として DVD 化されているが、その時の出演者ジョニ・ミッチェルの単独映像(1970 年 8 月 29 日)が遂に登場!オムニバス映像は「ウッドストック」「ビッグ・イエロー・タクシー」の 2 曲のみ収録だったが、今回はメドレー曲を含む全12曲収録されている。演奏曲は1969 年名作 2nd『青春の光と影』から 1971 年の超名盤 4th『ブルー』までの初期代表曲を網羅。時期としては『ブルー』発売前年のライヴ、この時期のオフィシャル映像は初リリースであり、まさに待望の発売... 

 はたしてこの人をどれだけ理解しているかっていうと、正直、自信はない。

 ただ、初めてジョニ・ミッチェルの音楽に触れた20代前半の頃からずっと、60年代末から70年代初頭あたりの瑞々しいジョニの作品が好きでたまらないのだ。彼女が一番ROCKというジャンルに接近していた時代のアルバムがね。

 よって、正にその時代の彼女の姿をたっぷり拝めるというこの映像作品は、もう入手するしかないのである。