空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

Amazing!

 1970年代の終わりごろから80年代の幕開けの頃の短期間の話だけど、英国ロック界の超個性派イアン・デューリーウィルコ・ジョンソンが手を組んでいた...っていうか、イアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズにウィルコ・ジョンソンが加入していた時代の、「最高」がここに凝縮されているんじゃないかと思える9分間。

 イアン・デューリー - Wikipedia

 ウィルコ・ジョンソン - Wikipedia

 ウィルコ・ジョンソンに関しては今までも断片的に彼のキャリアに触れたことはあったけれど、イアン・デューリーは、最近彼のベスト盤的なコンピ盤を入手して、ようやくにしてその音楽に触れることとなった私。そうなったきっかけは少し前にYou Tubeで見つけた上のライヴ映像であった。