空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

タイムライン上での再会について一方的につらつらと...

 5、6年前、ひめキュンフルーツ缶のライヴに通うようになった初期の頃に、ひめキュンヲタとしては先輩になる東京在住のとある青年とtwitterで相互フォロー状態にあった。その人は当時Twitterアイコンに自分の顔写真を使っておられたので一方的に顔を存じ上げていたのだが、ホントに当時は、ひめキュンのツアーで西日本各地に遠征するたびに現場で彼の顔を見かけていたものだった。広島、福岡、岡山、高松、神戸、大阪... ちなみに現場で名乗り合ったりはしていなかったから、彼は私の顔を知らない(はず)。

 その青年は、諸事情から私がひめキュン現場に行くことが出来なくなりヲタ活動を休止していた2014年にアイドルヲタクを卒業してしまわれたらしい。で、ヲタ時代のアカウントを封印*1し、同じニックネームで別アカウントを取り、アイドル以外の趣味やお仕事に関連のある呟きをメインにしたツイートをされるようになられたようだ。

 私の方もあの当時使っていたアカウントを思うところがあって削除し、現在も使っているアカウントで呟くようになっていたから、彼とはそのままずっとタイムライン上の縁は切れた格好になっていた。

 そんな彼のツイートが昨夜久しぶりリツイートされて我がタイムラインに登場した。昨日行われたコンサートをもってももいろクローバーZを卒業された有安杏果さんについて触れたツイートであった。そういえば、ひめキュンにどハマりする前はももクロをメインにヲタ活をされていた旨を当時呟いておられた記憶がある。で、しばらく彼のツイートを遡って読んでみたのだが、最近でアイドル絡みのツイートをされたのはそのツイートのみなところを見ると、アイドルヲタクの方は数年前に卒業したままのようだ。あれだけハマっておられたひめキュンフルーツ缶の昨年秋の現体制終了の全員卒業については触れておられなかった。

 アイドルヲタクとしてTwitterを長年やっていると、こういう形のタイムライン上での数年ぶりの再会というのが偶にある。アイドルというのは基本的に「今」を楽しむジャンルだから、かつて何度も楽しい時間と空間を共有した人っていう思いが他のエンタメより強い。だから懐かしさもひとしおだ。だから反応してこうしてブログ記事にしてしまったりもするのだ。

 

*1:削除ではなく、ツイート非公開に設定して、そのままそのアカウントでは呟かない。