空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

人呼んで"ハイデホー・マン"

  Amazing!!! 映画「ブルース・ブラザーズ」の功績の一つが、若い世代にこの素晴らしいエンターテイナーを紹介したことであろう。勿論、私もあの映画で彼のことを知ったひとりだ。 ⇒ キャブ・キャロウェイ - Wikipedia

 

 20~30年くらいの大きな世代の開きはあっても、1930年代~40年代のキャブ・キャロウェイの輝きやカッコ良さは、1950年代を席巻し21世紀の現在でも多くの人を惹き付けている、エルヴィスとかジェリー・リーとかリトル・リチャードとかと遜色ないのではないかと、You Tubeにて往時の彼が歌い踊る映像を観るたびに思うのであります。