空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

とあるミュージシャンの些細な思い出

 先週末の話だが、HM/HRのフェス【LOUD PARK 2017】の2日目にヘッドライナーとして出場したマイケル・シェンカーのステージで、ゲイリー・バーデン、グラハム・ボネット、ロビン・マッコーリーという、MSGの歴代ボーカリスト3人が集い、ステージ上で交代で曲を披露したという出来事がTwitterの我がタイムラインを少々賑わせていた。

 それらをみていて、私がなぜかふと思い出したのは、ポール・レイモンドのこと。チキン・シャック~サヴォイ・ブラウン~UFOと名高い英国のロック・バンドを渡り歩き、80年代初頭にマイケル・シェンカー・グループに参加していた、ギターも弾くキーボード奏者だ。

 マイケル・シェンカー・グループはメンバーの変動が激しいグループで、故コージー・パウエルをはじめとする加入時点で既に有名だったミュージシャンも何人かいたが、ずっと後年になって遡ってサヴォイ・ブラウンやチキン・シャックを聴くようになった私は、結局ハマらなかった(縁がなかった)全盛期マイケル・シェンカー・グループのメンバーだった人の名前をそれらのバンドのCDのクレジットで見かけて、少々不思議な気分になったものだった。