空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

今日も他人のツイートに反応してみる

 懐かしいレコードに関するツイートに身体が反応してしまった。

 現在まで50年を超える活動歴を誇る英国のハードブギー・バンドであるステイタス・クォーの、1976年の初来日公演(東京公演)の模様を収録した、日本のみでの発売であったライブアルバム『烈火のハードブギー - Tokyo Quo』。

 私が初めて手にしたステイタス・クォーのレコードであった。勿論リアルタイムでではなく80年代の半ば頃に広島市内の中古盤屋で見つけ、多少なりとも興味を抱いていた英国のベテラン・バンドであったので、お手頃な価格だったこともあり、お試し感覚で購入したのだった。

 特別にこのレコードが印象深かった理由の一つに、これが所謂「サンプル盤」であったことがある。レコード会社が販売促進の為に小売店や音楽関係者に提供する*1盤ね。確か裏ジャケットに「サンプル」の印字(シールだったけか?)がしてあった。中古盤屋とはいえ、本来市場に出回るはずのない*2「サンプル盤」なだけに、初めて手にする「禁断の品」に私は若干の興奮を覚えたのであった。(笑)

 今から30年くらい前のお話。

 

 

*1:基本的には「貸与」されるもの。

*2:基本的にレコード会社はサンプル盤の販売は認めていない。