空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

出会ってしまったのか

 "Ratos de Porão"と書いて"ハトスデポラオン"と読むんだそうだ。ブラジルの超ベテラン/伝説的ハードコアバンドとのこと。私は本日初めて知った。ハードコアというジャンルになじみは薄く、ブラジルのポピュラー音楽シーンに関心を向けたこともなかったので。

 昨日の午前中のこと、暇に任せてYou Tubeで面白そうなヘヴィーorハードな音を聴かせてくれる未知のバンドはいないものかと様々なバンドのライヴ映像を端折りながら観ていた時に、その時間の私の感性に引っかかったのがこのRatos de Porão(ハトスデポラオン)のこのライヴ映像であった。

 まず結論から先に言うと、このバンドをもっと知りたくなってしまった。2度ほどこの映像を通して観た後、半ば衝動的にAmazonにてこのバンドのアルバムを1枚注文してしまった。2014年リリースとあったので近作かと思いきや14~15年は前の作品の再発もののようだ。出来るだけ早く聴きたかったので、中古ではなく入荷を待たされることもなさそうなヤツを1枚ってことでコレを選んだ次第。このジャンル故、作品ごとに大きな差異があることはなさそうだし、どれにするか迷うことはなかったな。(笑)

Ratos De Porao

Ratos De Porao

 

  次々にステージに上がってきては、踊ったり可笑しなポーズをとったりメンバーにアピールしたりして、そのあとフロアに向かってダイブするキッズに苦笑しながらも温かい目で見つめるにブラジルハードコアの重鎮の貫禄を感じ、ロックバンドのライヴ映像かくあるべしと膝を打ちたくなるくらいにステージの熱さとカッコ良さとフロアの熱狂を捉えたカメラワークと編集にグイグイ惹きこまれ、1回観終えた後、私は昨日の朝まで知らなかったこのバンドのファンになった心持でいたのである。映像の力を久々に感じてしまったな。