空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

ふと思い出す

 ブルースとジャズというジャンルとの出会いは、自分の音楽ファン人生の中でも忘れられない重要なものだったと思うけれど、どちらも未知の領域だっただけに、レコード/CDショップへ行きCDを物色し、「これは!」と思うものを見つけて購入するという行為そのものが、ホント楽しくて仕方なかったな。正にそれは自分にとっては"新しい刺激的な音楽との出会い"の瞬間であった。

 1990年代の前半の頃の話。ブルースもジャズも巨人と称されるようなミュージシャン達の殆どは既にこの世の人ではなかった。ジャズで言うならマイルス・デイヴィスが逝ってしまったあとのこと。