読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

今夜聴いたデュアン

ロック

 毎週聞けるわけじゃないけど、木曜日の夜23:00はradikoでInterFM802。音楽評論家/DJの大貫憲章さんとKatchin'さんのコンビがパーソナリティを務めるロック番組「Kenrocks Nite - Ver. 2 」の時間。

 番組前半30分は大貫さんが担当する毎回テーマを設けたロックの特集コーナーで、後半30分はKatchin'さんの担当するノーザンソウルのコーナーという構成のこの番組。今週の大貫さんのコーナーは、先月29日が45回目の命日だったことを受けて、オールマン・ブラザーズ・バンドで知られる早世の名ギタリスト、デュアン・オールマンの特集であった。番組サイトから頂いてきたセットリストは以下の通り

23:03 "BLACK HEARTED WOMAN" ALLMAN BROTHERS BAND
23:14 "CROSSROADS" THE ALLMAN JOYS
23:17 "HEY JUDE" WILSON PICKETT FEAT.DUANE ALLMAN
23:21 "FINDING HER" BOZ SCAGGS
23:30 "KEY TO THE HIGHWAY" DEREK & THE DOMINOS

  デュアンが在籍していたオールマン・ブラザーズ・バンドデレク&ザ・ドミノスといった後世まで語られる名バンドだけでなく、セッション参加していた後にAORシンガーとして大成するボズ・スキャッグスや、R&B/ソウル・シンガーのウィルソン・ピケットの曲、オールマン・ブラザーズ・バンドの前身バンドであったTHE ALLMAN JOYSの曲と、短い時間ながら濃いデュアン特集であった。

 数多あるネットのサーヴィスで楽曲だけでなく、ロック・レジェンドたちの往年のミュージック・ヴィデオやライヴ映像を簡単に観ることができる昨今であるが、デレク&ザ・ドミノスが演っているライヴver.の"KEY TO THE HIGHWAY" でたっぷり聴けるデュアンのスライドギターのソロに酔いながら、ロックを楽しむ手段としてのラジオという媒体の代わりの利かなさみたいなものを感じてしまった夜であった。別のシチュエーションで聴いたらひょっとしたら冗長に聴こえてしまっていたかもしれない、あのソロ。あの時間にあのタイミングで日本全国(ひょっとしたら海外在住の方も)のラジオやスマホやパソコンの前で「Kenrocks Nite - Ver. 2 」を楽しんでいるリスナーと一緒に聴いたから、気持ちよく酔いしれることが出来たのかも知れない...とかね。