空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

Born To Boogie

 You Tubeどころかネット環境すら全く自分とは無縁だった遠い昔の話。好きでレコードやCDでその音楽は聴いていたけれど、いまひとつロック・バンドとしての実体が掴みきれないでいたのが、マーク・ボランと彼が率いたT・レックスでありました。

 そんな私に初めてT・レックスを見せてくれたのが、20年位前(もっと前?)にリリースされたこの映画『Born To Boogie』のVHSでした。当時の私にとっては、ザ・バンドの『ラスト・ワルツ』やザ・フーの『キッズ・アー・オールライト』のVHSと並んで、そのバンドの魅力を最大限に伝えてくれる貴重で偉大なロックの映像作品でありました。

 それゆえにこのリリースは大いに気になります。