読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

We’re All Somebody From Somewhere

amass.jp

 何度かこのブログにも書いた記憶もあるけど、現在の私はエアロスミスには関心はありません。だけども、このスティーヴン・タイラーエアロスミス)のソロ・デビュー・アルバムは、気になるしなにげに楽しみにしていたりするんですよね。

 稀代のヴォーカリストであるスティーヴンへの興味は未だ尽きていないことを思い知らされる作品になってそうな予感がするんですよね。米国を代表するロックンロール・バンドという枠から解き放たれ自由に咆哮するスティーヴンを私は聴きたいし、観たい。そして、彼がここで選んだスタイルが"カントリー"だったってのが、また興味深い。