空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

きっかけはこの1枚

  先週末に購入して以来、何度か繰り返し聴いた。

スラッシュ・アンセムズ (メタル・フロンティア・アーカイヴ・コレクション)
 

  アルバム1枚分のリフの波状攻撃を一身に受けるときの 爽快感、聴き終えた後の心地よい疲れこそ、このジャンルだと思う。代表曲、人気曲のセルフカヴァー集だっていう予備知識は二の次。

 このデストラクションのアルバムが思いのほかすんなり身体に入ってきたので、彼らと並んでドイツのスラッシュメタル三羽烏と呼ばれているらしい、ソドムとかクリーターといったバンドのCDも買いたくなってきた。昔、私が愛読していた頃(1980年代)のBURRN!誌はスラッシュメタル勢には結構手厳しいところもあって、彼らのアルバムはレビューで叩かれていた記憶があるけど、3組とも突き進むことを止めないできた結果、皆本物になったことはYou Tubeで確認済みだ。