読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

レコードの日に...

 もう過ぎてしまった話ですが、今月3日の「文化の日」は、誰が何時決めたのかは知らないけれど、「レコードの日」でもあったそうです。

 レコード=アナログ盤。アナログ盤のユーザーであったのは30余年の音楽ファン生活のほんの前半の3分の1の期間でした。もはや音楽ファン人生の3分の2をCDと共に過ごしてきた計算になる私でも「レコード」に纏わる思い出はそれなりにあって、今でもいくつかすぐに思い出せます。そんな中から、特に忘れられない思い出話をひとつ...

 30年近く前の深夜、家族全員が深い眠りについている中、自宅に泥棒が入りました。当時ウチで飼っていた猫が、異変を感じたのか就寝中の母をしきりに起こし台所方面へ連れて行こうとしたらしいんですね。で、仕方なく猫の後について台所に入った母が見たのが、賊によって勝手口が後ろ手で閉められるところでした。私、父、妹が母に起こされ、家族が総出で台所中を調べたところ、台所の食器棚の引き出しの中に入っていた2万といくらかの現金が無くなっているのがわかりました。

 その後、警察を呼んで家内を色々と検証してもらっている中で、現金の他に、事件現場である台所と引き戸を挟んで隣り合わせている居間のテーブルの上に置きっぱなしにしていた、私の持ち物であるピンク・フロイドのLPレコード『炎~あなたがここにいてほしい~』も無くなっていることがわかりました。前日から居間のテーブルに置きっぱなしになっていて、私も家族の誰かもそこからレコードを動かした憶えはないことから、そのまんま現金と共に盗難に遭ったということにされてしまいました。

 今でも謎です。なぜに現金と共に持って逃げるときに嵩張りそうなLPレコードを盗んでいったのでしょうか?あまりの不可解さに、以後、現在に至るまで、とにかく「ピンク・フロイド」の名前を目にすると、私はこの盗難事件のことをまず思い出してしまいます。(笑)