空中散歩ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

久々に購入記録な記事

  珍しく早めに退社し、立ち寄った地元の複合型書店のCD売り場で購入。

チュニジアの夜

チュニジアの夜

 

  何年かぶりに買い直しました。今は国内盤が廉価な1000円で買えちゃうので嬉しい限りです。

 ウェイン・ショーター(テナー・サックス)、リー・モーガン(トランペット)をフロントに据えた、ジャズ・メッセンジャーズ歴代最強の布陣による代表作(?)。若き日の私にジャズの楽しさを教えてくれたいつまでも忘れられない1枚。

 私にとってアート・ブレイキー&ジャズメッセンジャーズといえば、「モーニン」よりも本盤収録の「ソー・タイアード」。彼等流ファンキー・ジャズの代名詞です♪ちなみにどちらも作曲はピアノのボビー・ティモンズ。