空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

きっかけは小さな羽根?

 本来、チャカ・カーンとは全く関係ないところでYou Tubeで動画を漁ってる最中に見つけた、彼女がジミ・ヘンドリックス作の名曲(エリック・クラプトンのデレク&ザ・ドミノスのver.が有名)"Little Wing"をライヴでカヴァーしている映像。

 昨夜観て以来、ずっと不思議な余韻を引き摺り続けています。この技巧派女性シンガーの名前は1980年代から知っていたけど、ラジオでいくつかのヒット曲を聴いたことがある程度。私の音楽ファン生活とはほぼ無縁に近かったチャカ・カーンが、今、ぐっと近づいてきたような気もしています。

 これが私とチャカ・カーン(の歌)との本当の意味での出会いのきっかけかもしれません。