空中逍遥ブログ

そらなかのちょっと長い呟きです。

いろんなことが頭を過ぎる

  本日、iPodでだけど、久しぶりにPerfumeの『~Complete Best~』を通して聴きました。 Perfume好きとしての原点。縁あってこのベスト盤に出会えたことがすべてのはじまり。

Perfume 〜Complete Best〜 (DVD付)

Perfume 〜Complete Best〜 (DVD付)

 

 アイドルといえばハロプロであった00年代の私の価値観を最初に揺るがした1枚。

 パーフェクトスター・パーフェクトスタイルは、この時点でのPerfume流ポップスのひとつの完成形でしょう。

 スウィートドーナッツ、コンピュータードライビングはテクノ風味のアイドルポップスの傑作。

 ライヴにおいて、前の曲が終わって"コンピューターシティ"に入る瞬間は今でもゾクッとするくらいにスリリングな瞬間だし、エレクトロ・ワールドは今現在でもライヴ会場を揺り動かす欠かせないレパートリー。

 このアルバム収録曲がセットリストの殆どを占めていた、私にとって初のPerfumeライブ体験であった2007年大晦日のZEPP TOKYOでのカウントダウンライヴは、このグループのブレイク前夜を肌で感じたという意味でも忘れられないコンサート。

 ...

 溢れんばかりに湧いてくる、収録曲への思い入れや、本作を夢中になって聴いていた頃の思い出。以降のアルバムにはない音楽的な完成度とは別の様々なものが詰まっている、決して忘れる事はない1枚ですね。